水素について

 

 水素とは陽子と電子が一つづつで構成される最も小さな原子。

水素は常温では気体で酸素と混合し熱を加えると爆発する。

小学生の頃、理科の実験で塩酸と鉄を反応させ水素ガスを試験管の中に集め、火をつけて炎が出る。

この実験が楽しかったのを覚えています。

 

 人体の中では水素は水素イオンとして、水や有機物の構成物として存在し、極少量水素ガスも存在しています。

 

 私が小学生の時に実験した物が人の健康に役立つとは思っていませんでした。

 

 医者になり統合医療を志し、しばらくした頃。ふと気がつくと世の中水素ブームで水素を摂ると活性酸素が消され元気になると言われていました。水素ガスや水素水の話を良く聞きました。

 

 流行りモノには乗るなこれが当家の家訓です。

 

 家訓に則り水素ブームの最中はあまり興味を持たず、ただ水素サプリには手を出していました。

その説明がまた難解で水素はただの水素では無く特殊なイオン化した物で、、わかる様な分からない様な。水素ガスそのモノでは無く、活性酸素種を還元させる電子の供与体になると言った説明でした。

確かに飲むと良い気がすると思っていました。

 

 更に時が過ぎ、水素ガスを吸う機会があり吸ってみると確かに酔いが醒める事に気がつきました。

二日酔いもしなくなる。それから改めて水素について調べて見ると、それまで知らなかった効果がある事もわかりました。

 

 水素を発生させる装置としてハイドレックスを使って多くの方の体調が良くなっている事を知り

更に興味を掻き立てられ、水素を発生させる装置にも興味を持ちました。

 

 調べるうちにこの装置の水素発生量が多い事に気がつき今では私もユーザーになっています。

 

 水素が体内で何をしているか、体内で酸素と反応してエネルギーを作っている。

常温常圧で酸素と水素が反応する事はありません。(爆発する事はない。)

しかし細胞のミトコンドリアの中では水素と酸素が反応をしてエネルギーを作っています。

エンジンの中では炭素と酸素が高温で反応し熱を作り回転運動を起こしています。

それと同じ様な事がミトコンドリアの中では起きているのです。不思議な事です。

 

 まだまだ水素について知らない事が沢山あります。

 

 酒の醒めが早くなる水素、水素から醒めるのはいつの日か。酒を手放す日が最期まで来なければ、水素から醒める日は来ない。

 

 水素についてこれから少しずつ書いていこうと思います。